×ホワイトペーパーダウンロードバース管理効率化のポイントホワイトペーパーダウンロードバース管理効率化のポイント

製品情報

AGV遠隔管理システム

タブレット端末でAGVを自由自在にコントロール
呼び出しや目的別の搬送ルート指定が可能

AGVを操作するためのタブレットシステムです。簡単なタブレット操作で目的の場所までAGVを呼び出したり、搬送ルートを指定してAGVを送り出すといった運用が可能になります。また、バース管理システムや検品システム、エレベーターといった、他システムと連携した完全自動制御の構築も可能です。

図版

提供機能

  • タブレット端末でAGVを簡単呼び出し&走行指示。
    庫内の搬送ルートを個別に指定したり、よく使うルートの保存が可能です。タブレット画面上で「出荷バース1」などの行先ボタンを選択するだけで、所定の場所まで自動的に荷物を搬送します。
  • 検品システムなどと連携し、出荷検品完了のタイミングに合わせて自動的にAGVをバースに送り出すなど、完全自動走行システムへのカスタマイズも可能です。

※AGVは、台車タイプやパレット積載、かご車のけん引を行えるモデルもご利用可能です。お気軽にご相談ください。

  • 搬送業務の省力化

AGV対応メーカー機種

ZMP社のCarriRo®シリーズに対応。同社のシステム連携API「ROBO-HI® API(ロボハイ エーピーアイ)」を利用することにより、複数台のAGV同時制御や、条件に応じた動的な移動指示にも対応しています。また、CarriRo®シリーズは、台車タイプのほかに、パレット積載やかご車のけん引といった用途にも対応し、幅広いシーンでご活用いただけます。

物流支援ロボットCarriRoについて

製品Web URL:https://www.zmp.co.jp/carriro/
製品紹介動画:https://youtu.be/Fby8k6nAN8A

今後、各種マテハン機器などの連携デバイスを続々追加予定。

ご紹介資料

AGV遠隔管理システムの詳しい説明はこちらから

ダウンロード

オプション機能

自動誘導機能

事前に登録された車両のナンバープレートから、対応するバースへ自動で誘導します。
車両誘導を自動化することで誘導員を削減できます。

【AGV遠隔管理と合わせて活用!】 事前に登録された車両が到着した際に、指定のバースまでAGVを動かすことで、トラックへの積卸業務をスムーズに行えます。

↓

庫内業務の効率化を実現

AGV(無人搬送車)連携

車両の到着をLogiPullで検知、AGV(無人搬送機)と連携し、荷物の搬送を自動化します。出荷作業時には作業場所とバース間の輸送を自動化することで、搬送にかかる作業工数を削減いたします。

【AGV管理と合わせて活用!】 車両の到着に合わせたAGVの操作が可能になります。

↓

搬送業務の省力化を実現

物流施設に車両が到着するところから、退場するところまで多彩なシステムを搭載!
カスタマイズや部分的な利用も可能です。

図版/物流効率化を実現する LogiPullの主な機能

システム連携のご相談もお気軽に

資料ダウンロード

バース管理効率化のポイントをまとめたホワイトペーパーや
セミナー動画・導入事例などの資料は
こちらからダウンロードいただけます。

資料ダウンロード一覧へ

お電話でのお問い合わせ(受付時間:平日9:00-17:45)

06-6396-3336

よくある質問
Webからの
お問い合わせ

page top